【Googleデータポータル】Facebook広告レポートを作成する3つの手順

GoogleデータポータルでFacebook広告レポート作成 Googleデータポータル

こんにちは!

「Googleデータポータルで作ったレポートに、Facebook広告のレポートも追加したい!」という方向けの記事です。

Facebook広告の数値をGoogleデータポータルに反映させるには、一度数値をスプレッドシートに反映させることでレポート作成ができます。

やり方は難しくないので、この記事を見ながらやってみてください。

Googleデータポータルで、Facebook広告レポートを作る手順

①:Facebook広告管理画面からレポート(csv)をダウンロード

Facebook広告マネージャーの画面でまずはレポートを作ります。

Googleデータポータルで反映させたい指標を選んでレポートを作るとスムーズにGoogleデータポータルに反映できます。

データポータルに反映させたい指標と期間でレポート作成。

FB広告レポートダウンロード

次にCSVファイルをエクスポート

CSVファイルをエクスポート

②:csvファイルをスプレッドシートへ反映

CSVファイルを、Googleスプレッドシートに反映させます。

CSVファイルを開いてスプレッドシートにコピペするでも大丈夫ですが、エクスポートしたCSVファイルをそのままアップロードするだけでもOKなので楽チンです。

エクスポートしたCSVファイル

csvのレポートデータ

上のCSVファイルをアップロードして、スプレッドシートに変換

スプレッドシートに変換

この状態になれば、スプレッドシートとデータポータルを連携させられる状態です。

③:データポータルとスプレッドシートを連携

最後にGoogleデータポータルと、Facebook広告の数値が反映されたスプレッドシートを連携させます。

スプレッドシート内の特定のシートを選んで連携される必要があります。

スプレッドシートとデータポータル連携のやり方は別の記事で解説していますので、この記事の手順でやってみてください。

データポータルとスプレッドシート連携

【Googleデータポータル】スプレッドシートと連携する手順を解説します

連携できたら、またこの記事に戻ってきてください。

まとめ

Facebook広告のレポートとデータポータル連携まとめ

今回はFacebook広告レポートをデータポータルに反映させる方法を解説しましたが、レポートデータをエクスポートできる媒体であれば、同じ方法でレポート作成できます。

  • Yahoo広告
  • twitter広告
  • LINE広告

など、さまざまな媒体のレポートをデータポータルに反映することができるので色々ぜひ試してみてください。

ちなみにFacebook広告のレポート数値の中で、InstagramとFacebookで数値を分けたい場合はFacebook広告の管理画面上で配信面ごとのレポートを作ってCSVファイルをエクスポートすればOKです。

Googleデータポータルは難しくないのでネットでググりながら充分覚えられるとは思いますが、情報がまとまった本で勉強したい人は「Googleデータスタジオによるレポート作成の教科書」という書籍がオススメです。

この本のかんたんな書評をまとめたブログ書いていますので、ご興味あれば読んでみて下さい。

googleデータポータル本

【書評】Googleデータポータルの使い方がわかる!最新本をレビュー

今回は以上です。

ありがとうございました!

Sponsored Link