【解説】Googleデータポータルのテンプレートを使いまわす方法

データポータルテンプレート Googleデータポータル

Googleが提供する便利なBIツール「Googleデータポータル」の使い方に関する記事を書いてみました。

1から作るスキルができなくても、既に完成したテンプレートさえゲットできれば使いまわすことができます。

格安でGoogleデータポータルのテンプレートを購入するのもいいですし、少しお金を出して理想的なテンプレートをカスタマイズして作ってもらうのでも良いでしょう。

決まった形のテンプレートの販売価格は、見たかぎり約3,000~10,000円で販売されていることが多そうです。

是非いろいろ見てみて下さい。

それでは、ゲットしたテンプレを使いまわすための設定手順を解説していきますね。

手順①:テンプレートをコピー

まずはゲットしたGoogleデータポータルのテンプレートをコピーします。

データポータルの編集権限があればコピーできます。

データポータルをコピー

「このレポートのコピーを作成」ボタンを押すと、下のような画面が出てきます。

レポートをコピー

コピーした後、データポータルのデータ一覧画面へ行ってみてください。

下記のように複製されたレポートができあがっているはずですので、このレポートの名前を変えた後に編集して使いまわい回していけば良いでしょう。

レポートを複製

あるいは、もともとのテンプレートをそのまま編集する形でも問題ないです。

手順②:ダッシュボード内のデータソースを変更

右上のある「編集」ボタンをクリック。

データポータル編集

右上あたりにある編集ボタンをクリックすると、ダッシュボードの編集画面に変わります。

データソースを変更する

データソース変更

数字や表、グラフを反映するデータのもとを変更していきます。

変更する数字やグラフを選択 > 右側にある「データ」 > データソース

と進んでいってデータソースを変更していってください。

反映させたいデータソースを選ぶ

GAアカウント

数字を連携させたいGoogleアナリティクスデータを選ぶだけでOKです。

Googleアナリティクス以外のデータも反映することができるので、自由に連結させたいデータ元を選びましょう。

以上が一連の流れです。

ダッシュボード内に何個も数字や表、グラフがあると思いますが、これらのデータソースをすべて1つずつ変更していかなければいけないので、この作業が一番時間がかかるところです。

しかし作業としては簡単なので、1つ1つデータソースを変えていきましょう。

毎月「レポートをダウンロード」して数字をみていきましょう

PDFレポートダウンロード

データポータルテンプレのダッシュボードのデータソースを変更して完成したら、あとは定期的にチェックして運用していくだけです。

「レポートをダウンロード」という箇所がありますので、ここから定期的にPDFでレポートとして落とせます。

毎月または毎週、レポートを落して定点観測していくことで改善すべき点が見えてきます。

クライアントに提出する場合も、この機能は非常に使えますのでオススメです。

ぜひ、良い感じのテンプレートを購入して活用してみてください^^

データポータルの使ってみたけど、やっぱりよくわからない!という方は、軽く書籍で勉強してみるのも良いです。データポータル本の書評書いていますので参考にしてみてください。

googleデータポータル本

【書評】Googleデータポータルの使い方がわかる!最新本をレビュー

今回は以上です!

Sponsored Link